医療法人回生会

京都回生病院の電話番号は075-311-5121
  • 文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大
  • フォントサイズ特大

医療法人 回生会 > 人間ドック・健診 > アミノインデックス

1回の採血で、複数のがんのリスクを評価 アミノインデックスがんリスクスクリーニング

アミノインデックス

アミノインデックスAICS®がんリスクスクリーニング(AICSAICS®)とは何ですか?

アミノインデックスAICS®がんリスクスクリーニング(AICSAICS®:AminoIndexAICS® Cancer Screeening)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に分析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

検査はどのように行われるのでしょうか?

アミノインデックスAICS®がんリスクスクリーニング(AICSAICS®:AminoIndexAICS® Cancer Screeening)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に分析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

血液を5mL程度採血して検査を行います。1回の採血で、男性AICSAICS®は5種類、女性AICSAICS®は6種類のがんに対するリスクについて検査を行います。

AICSAICS®(エー アイ シー エス)は全てのがんについてのリスクが評価できるのですか?

現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)を対象としたリスクについて評価することができます。

男性AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性AICS(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん※1

※1子宮がん・卵巣がんについて

子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。いずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

料金

1回 24,200円(税込)

検査の対象者について

AICSAICS®は、下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん・子宮頸がん 20歳~80歳

がんであるリスクとはどのようなことですか?

リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。

AICSAICS®は、それぞれのがんについて、現在がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告いたします。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。

また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。

受診前の注意

検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。

検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。
なお、検査前日の夕食も肉、魚などの高タンパク質の食事は摂りすぎないようにしてください。

●検査前の運動について
正しい検査結果を得るために、できるだけ検査当日朝の運動はお控えください。

●検査前のお薬の服用について
薬剤のAICS値への影響がでる可能性があります。
検査当日のお薬の服用方法については、事前にかかりつけ医または健診施設にご相談の上、その指示に従ってください。

AICSAICS®は一度検査をすれば良いのでしょうか?

AICSAICS®は、今までのがん検診とは異なり、血液中のアミノ酸濃度からがんのリスクを評価する新しい検査です。今までのがんに対する検査と併用することで、がんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

その他の検査も受診されるかは、医療機関の医師とご相談ください。

詳細PDFはこちら

  • 救急・急患は24時間受け付けております。075-311-5121
  • 京都回生病院は日本医療機能評価機構認定病院です。
  • 看護部のご紹介
  • リハビリ科のご紹介
  • 地域連携・相談室
  • クリニック回生
  • 地域と共に歩む
  • 回生ニュース
上部へ戻る