医療法人回生会

京都回生病院の電話番号は075-311-5121
  • 文字サイズ
  • フォントサイズ標準
  • フォントサイズ大
  • フォントサイズ特大

お知らせ

お知らせ

ブリとハマチの解体ショー

2018年12月5日

11月中旬に療養棟とデイケアでブリとハマチの解体ショーが行われました。  料理長がさばき始めると皆様から「さすがやな!!」「早く食べたいな」とのお声と共に拍手が沸き起こりました。 舟盛りが各テーブルに回ると、「うわ~すごい、キレイ」と歓声が上がり皆様の笑顔が沢山みられ、「とても美味しい!」と大変喜んでいただきました。 ※写真は許可を頂いた上で掲載しています

詳細を見る

介護予防教室「転倒予防」講座開催

2018年11月30日

11月6日、向日市の介護予防教室で当施設の理学療法士が「転倒予防」講座を行いました。 転倒は介護を要する主な原因となり、高齢者は交通事故よりも死亡につながりやすい為、転倒予防はとても重要なものです。 転倒の原因には様々なものがあり、対策として、今回は効果的な運動の仕方をご紹介しました。  参加頂いた方々の関心はとても高く、「内容がとても分かりやすかっ

詳細を見る

敬老会

2018年11月15日

9 月12 日にデイケアで、19 日には療養棟で敬老会が行われました。  第1 部のお食事会では、利用者様とご家族の目の前でマグロ、ハマチ、甘エビなどの新鮮な食材を、京料理花萬の料理長が見事な腕前で寿司を握り、皆様にお召し上がり頂きました。握りたてのお寿司を皆様美味しそうに召し上がられ、「久しぶりに食べたわ」と沢山の笑みがこぼれ、普段は食が細い方もこの日は皆様完食さ

詳細を見る

健康祭り 手作り作品バザー

2018年11月1日

10月21日に開催された回生健康祭りで、手作り作品バザーを行いました。 手作りバザーは今年で6回目となりますが、療養棟の利用者様と一緒に、今年も作品作りから当日の販売までを行います。  手作りバザーに出品するという目的をもって、療養棟やデイケアの利用者様が作業療法の時間に作製されましたが、皆様とても丁寧に小物作成に取り組まれ、「ここはこうした方がええんとちゃう?

詳細を見る

安田市長の長寿者訪問

2018年10月30日

9月21日、向日市の安田市長が今年100歳を迎えられた利用者様を訪問されました。 市長のお祝いの言葉に、利用者様はうれしそうにうなずかれていました。 ケアセンターでは現在100歳以上の方が4名おられ、最高齢の方は109歳となります。 これからも皆様が健康で長生きして頂けるお手伝いをして参ります。 ※写真は許可を頂いた上で掲載しています

詳細を見る

舞妓さんの正体は・・・?

2018年10月15日

雨がしとしとと降る6月27日、今年もケアセンター回生に華やかな着物を身にまとい練白粉でお化粧をした綺麗な舞妓さんが来てくれました。    2人が姿を現した途端、まるで梅雨の湿気を吹き飛ばすかのようにドッと湧く談話室。 「綺麗!!」「いや~!可愛いやん!」「こっち来て~♪」という声が行き交い、瞬く間に舞妓さんは引っ張り蛸状態になっていました。   男性職

詳細を見る

季刊誌「のほほん」2018年夏号を発行

2018年9月15日

季刊誌「のほほん」2018年春号を発行いたしました。 季刊誌「のほほん」は送迎バス、ケアセンター回生1階受付などでご自由にお持ち帰りいただけますので、ぜひご一読ください。 ※写真は許可を頂いた上で掲載しています

詳細を見る

療養棟 夏祭り

2018年8月30日

 今年の京都は38度以上の日が続いていましたが、この暑さに負けずに毎年恒例となりました夏祭りが8月22日に療養棟の各階にて開催されました。  提灯や紅白幕の飾りつけられたフロアには祭囃子が鳴り響き、夏祭りらしい雰囲気を演出してくれました。たこ焼き、綿菓子、みつ豆などの屋台も好評で、特にたこ焼きはおかわりをされる利用者様がたくさんいらっしゃいました。金魚すくいではす

詳細を見る

デイケア リハビリ会議開催しています

2018年8月15日

 ケアセンター回生デイケアは通所リハビリテーション事業所として、今後もよりリハビリテーションに力を入れさせて頂く為に、リハビリ会議を開催しています。  リハビリ会議はリハビリテーションの視点を大きく広め、各職種の関わり方などをまとめ、リハビリの計画を作成することが目的となります。当施設では今年度からこの取り組みを開始し、出席者は、利用者様と利用者様に関わる方々です

詳細を見る

長寿はお口の健康から

2018年7月30日

 日本歯科医師会では、高齢になっても豊かに楽しく過ごして頂く為に、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切な事であると考え、「8020運動」が推進されています。「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足する事ができると言われており、そのため「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との

詳細を見る

上部へ戻る